スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2005'07.26 (Tue)

托鉢僧

私は街中で、托鉢僧の方にお会いした時には、ほぼいつもお金を喜捨させてもらっています。
もちろん高額なお金ではないですけどね(^.^)。

お釈迦様のお話

お釈迦様が、托鉢にいく僧に言っていたことがあるそうです。
「裕福な家ではなく、貧しい家をまわってきなさい。」、こういったそうです。
僧は首を傾げます。貧しい家?裕福な家からいただくのがいいのではないですか?ただでさえ貧しいのに大変でしょう。というようなことを言ったそうですが、お釈迦様がこう言ったそうです。

「彼らの今の貧しさは、今まで人に対して施しをしてこなかった、与えてこなかった結果として、今の貧しさがあるんですよ。
だからかれらに、喜捨する機会を与えてあげなさい。」ということです。

喜捨させてもらうときは、
(喜捨する機会をあたえてくださって)「ありがとうございます。」といって、お金を入れるのが本当だそうです。

私はそれまで、僧がありがとうございますというのが、普通だと思っていたのですが、違うんですね(^.^)。

このお話しを聞いたときは、なんだかとってもうれしかったです。
それ以来、托鉢僧の方を見かけたときは、よろこんで喜捨させてもらってます。

いつだったか
「ありがとうございます。」チャリーンとやって、
立ち去ろうとした時、僧に呼び止められたんです。
そして懐から「ありがとう」といっぱい書かれたシールもらっちゃいました(^.^)。

皆さんも、托鉢僧の方がいらした時には、
「ありがとうございます」といって、喜捨してみては?
いいことあるかも(笑)
スポンサーサイト
19:33  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。