スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2006'10.19 (Thu)

雲水さんのお話・・・

以前聞いたお話・・・

うろ覚えなのですが、最近よく思い出します。

お掃除のお話しを前回書かせていただきましたが、やはり怠け癖が出てしまいますね(^.^)。


・・・おはなし・・・

雲水さん達(修行僧)がいたそうなんです。
座禅会なんかで一般の方達が、雲水さんたちに質問をします。

「一番つらい修行はなんですか?」と・・・

雲水さん達は、顔を見合わせます。
そして一人の雲水さんが前に出て、こんなお話しをしてくれたのだそうです。

・・・
私の場合、
寒い冬の朝に、鐘を鳴らしに行ったり、肉体的につらいことはありますが、私が大変だとおもうことは、そういうことではありません。

私たちは、毎日掃除をします。
担当が決められていて、誰がどこ、というように・・・

でも誰も検査をしに来ないのです。
そして、掃除したその日一日、だれもそこを歩かないこともあります。

なので、一日くらい怠けても、誰もとがめる人もいないし、すべて自分にゆだねられるんです。

私も人間なので、怠け心や、今日一日ぐらい・・・と思ってしまうこともあります。

そんな事を思ってしまったときの、自分の心との葛藤・・・

自分とのたたかい・・・・

それが私にとっての一番つらい修行です。

・・・

というようなお話しだったでしょうか・・・
この正直な雲水さんも凄いですが、一人暮らしの私も同じですね。
掃除、別にしなくても誰も何も言わないんです。

立派な雲水さんでも、このように思ってしまうんです。
まして私のような元来の怠け者は、なおさらです(笑)。

「あなたのお部屋が、あなた自身です」

この言葉、最近読ませていただいた本に書いてありました。

・・・ささ、掃除しよ(^.^)


・・・少しずつ(笑)
スポンサーサイト
07:09  |  日記  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。