スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.05 (Tue)

音楽

先月から、なぜか音楽のライブを見に行くことが多くなっておりました。

同時に、10代の時に見ていた映画も、何気なく借りてみることが多かったんです。

つい昨日も、KENJAH(ケンジャ)さんという方のライブに行ってまいりました。

楽しかった~(^^)

ここ何週間か、あまりにも、そんなミュージックな機会が多かったんです。

どうしてかな~・・・・・って考えておりました。


・・・そして、氣がついたんです。


私は、14歳で兄の影響でギターを始めました。
なんか妙にハマってしまって、夢中で毎日弾いておりました。

つめがはがれて、指が傷だらけになっても、指にテープを巻いて弾き続けました。もう寝ないで弾いておりました。

15歳で、クラシックギターを習わせてもらいました。
発表会なんかにも、出させてもらったりね(^^)。

でも17歳になったころ、音楽性がロックの方に入ってしまって、素行まで悪くなっていったんです(笑)。(←単純か!)

それも少々、度が過ぎてしまいましてね(笑)。

父も母も悩んでいたことと思います。
でも、両親のことは大好きでしたよ(^.^)
多感な時だったので、皆さんと同じで、いろいろありました。

そんな暗い日々を送っていたあるとき、
母がなんの氣なしにいった言葉・・・・

「ギターを習わせたのが、間違いだった・・・」

ただのひとりごとで、悪氣はなかったはずです。
僕にとっては、習ったことも、母も何も間違ってはいないのだけど・・・
間違っているとしたら、おばかな僕だけです。

僕の大好きな音楽を、大好きな母に否定された!?
若い僕はそんな風に感じてしまったんですね。

その一言を聞いて以来、音楽を好きでいることが、罪であるかのような・・・
音楽が好きという氣持ちをあまり出すことがなくなっていきました。

3~4本ほどあったギターも、大掃除の時に捨ててしまいました。

そして、音楽に対して何か後ろめたい思いでいました。

そして今・・・
そんな傷なんか、すっかり忘れて楽しく生活しておりました(^.^)。

でも最近、音楽をものすごく楽しんで演奏している人達との出会いがありました。本当に幸せそうなんです。

僕の魂さんは言います。
「ぶんぶん~ 本当は音楽大すきなんでしょう? もっと楽しんだら?そろそろもういいじゃん~、楽しもうぜ~」って、ここ数週間言い続けてくれていました。

僕は、単純に音楽を、暗い過去の自分の思い出と結びつけて蓋をしていただけなんだと氣がつきました。

音楽には、何も罪はないのに・・・
もちろん誰の罪でもないんです。
僕が勝手に作ったものでした。

本当は大好きだったんで~す(^0^)/

思い返せば、10代でも20代でも、何度も見た映画は、やっぱり音楽に関わる映画でした。
「クロス・ロード」「ラ・バンバ」「恋しくて」「海の上のピアニスト」「天使にラブソングを~」「グレート・ロックンロール・スゥインドル」マニアックなのから、他にもたくさんたくさん(^^)
特にクロス・ロード最高!


また、ギターでも買おうかな・・・・


皆さんも、もしかしたら・・・・
本当は大好きなのに、苦い思い出と一緒に閉じてしまったものが、あるかもしれませんよ~。

みなさんの魂さんが言ってるかもしれませんね。
「ほら、これさ~。好きだったじゃ~ん」ってね(笑

起こってくる出来事に心を澄まして耳を傾ければ、きっと聞こえると思います(^^)。



なにかのイベントの合間に、アーティストの出演とか良いですよね。
なんかかんがえてみよ~っと・・・

この夏、また楽しみが増えました。

いつの世も、アートは変わらず美しいですよね(^^)

オープンハート&オープンアートですね。


皆様、よき夏を~

スポンサーサイト
22:26  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。