スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2006'06.19 (Mon)

お産について・・・・

昨日、「お産の家」 岡野眞規代さんのトークとスライドを拝見、拝聴させていただきました。

男性も意外に多く、年配の方もおられました。

お勧めです。
男性と女性の目線は全く違うと思います。
私が感じたことしか、ここには書けません。

お産の家では、生まれてすぐの子供を、母親から引きはなしたりせず、すぐに母親の胸に抱かせてあげるのだそうです。
そうすると、子供は、泣き止むのだとか・・・

赤ちゃんは、とてもとても不安で、怖いのだそうです。
それを癒してあげられるのは、他でもないお母さんしかいないのだそうです。

お母さんに抱かれた子供は、生まれて数分で目をパッチリ開けて、お母さんを見つめ続けます。
そのとき、例外なく、ほとんどのお母さんは、
「生まれてくれて、ありがとう・・・」って言うんだそうです。

それは、嘘偽りなく、子供に伝わり、感じられ、愛されていることを子供自身が知るのだそうです。
その子供は、大きくなっても自分のことがとても好きな大人に成長する。

男の子がほしい家庭に女の子が生まれる。
母が少しだけがっかりする・・・・
子供は、それを魂で感じ、「愛されてない・・・」
と感じるのだそうです。つらい・・・でしょう?
愛されてないのを知るのって、生涯の傷になってしまう・・・

印象に残ったのが、脳がない状態で生まれる子供・・・
無脳の子供がいるそうです。
普通の病院は、例外なく中絶してしまうのだそうですが、
お産の家では、母親が強く希望して、生むことにしたんだそうです。

子供が生まれ、やはり脳がない・・・・
その時のスライドがあったのですが、母親の、子供を見つめる愛に満ちた顔・・・

その子は朝6時に生まれ、夜9時に亡くなったそうです。
その間、母親に抱かれ、愛され、多くの人に抱かれ、祝福されてすごし、そして息を失いました。

その子の役割は、私たちにとって、とても大きなものではないのでしょうか・・・

私は、目に涙をためながら、生きるって、命って、愛って何なのか、一生懸命、一生懸命考えました・・・



言葉にすると、とても安っぽくなってしまう。

でも、胸には何かあったかくて、ジンと来るものがうずいていました。


愛されてない人などどこにもいない・・・

生まれてくるだけでいい。

以前私がやんちゃだった10代のころ頃(笑)、
「お母さんはね、あんたが殺人を犯したとしても、死ぬまであんたをかばって、あんたの味方でいるんだよ!!」
って言われたことがありました。

その時は、部屋にこもって泣いちゃったっけ(笑)。

その時から、変わり始めたんだっけ・・・・
愛されているって知った時、人は変われるのかも・・


母は強しだね(^_^)。

そんなことを思っていたとき、母から電話が・・・
「有名人のサインあるんだけど・・いる?」って言う電話(笑)。

知らないおじちゃんの名前のサイン・・・・
私「うーん・・・・・いる」


いいお話でした。

スポンサーサイト
21:35  |  日記  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

いいお話をありがとう(*´∇`*)

ほんとそう思います。
不器用で愛情をうまく表現できなかったり、
色々だけど・・・・
子供を愛してない親なんていませんよね。

愛されてると知ったとき人は変わるのかも・・・・

そのとーり!父親の愛を感じないまま30年と過ぎましたが(^^;;
数年前に真剣に本音でぶつかりあって大泣きした時。
それから、変わりました♪

ぶんぶんさんとお母さんの関係。やりとり、サイコーステキ♪



なっつん | 2006年06月19日(月) 23:11 | URL | コメント編集

なっつんさん
ありがとうございます。
30年とは長かったですね~
浄化の涙だったんですね(^.^)。
分かり合えてよかったですね。
母とのやり取りは、いつもこんな感じです(笑)
ぶんぶん | 2006年06月21日(水) 08:09 | URL | コメント編集

お産は女性にしかできないけど・・・男性にもいろいろ感じてもらえるいい機会だったんですね。
女性は本当に、赤ちゃんがお腹の中にいる10ヶ月でいろんなことを感じますよ。
そんでもって、あの「産みの苦しみ」ですよね(^^;)
男性には耐えられない痛み・・とかいいますが。

無脳の赤ちゃんのお話。
出産された方の強さと深い愛情・・ですよね。
乙武洋匡さんのお母様が、彼が生まれたときに最初に出た言葉が「かわいい」だったとか。
母は強し・・・なのです(^^)

けろりん | 2006年06月22日(木) 13:55 | URL | コメント編集

こんばんは^^
今回の記事を最初に読んだ夜、アルバムを出して、出産後の写真を見ました。
私は小さな個人病院で産んだんですけど、初乳もしっかり飲ませることができたし満足なお産でした。

たまに、赤ちゃんは目が見えないとか、何もわからないって言う人がいるけど、私はそうは思いません。もちろん、ぶんぶんさんもですよね^^

母親の気持ちはしっかり伝わってると思うし、写真を見ても、娘が私を見つめてくれてる写真でした^^

生まれた時は、ガッツ石松さん似のとってもかわいい赤ちゃんだったんですよ(笑)
どうして、伝説の男に似てるのか考えたんですけど、きっと狭い産道を頑張って生まれてきたからなのでしょうね!^^

いいお話をありがとうございます。。。
peach | 2006年06月22日(木) 23:21 | URL | コメント編集

こんばんわ。
お久しぶりでした^^
とてtもいいお話でつい涙が出てしまいました。愛って本当に暖かくていいものですね。
おかあさんの愛はすばらしいものですね^^!
midorin | 2006年06月23日(金) 20:16 | URL | コメント編集

けろりんさん
ありがとうございます。ほんとに、私には一生経験できないことですからね。
産みの苦しみ・・・母には本当にこころから感謝しなければなりませんよね。
母は強し!ですね(^.^)

ぶんぶん | 2006年06月24日(土) 20:01 | URL | コメント編集

peachさん
ありがとうございます。
ガッツさん似だったんですか~(^.^)
天然ぶりもガッツさん似だと、おもしろかったでしょうね(笑)。
peachさんは、いいお産をされたのですね~。





ぶんぶん | 2006年06月24日(土) 20:05 | URL | コメント編集

midorinさん、お久しぶりです。(^.^)
ありがとうございます。
私もスライド見ながら、涙が・・・・
とても感動いたしました。
なんだか、あったかいんですよね。
心が、ね(^^)
ぶんぶん | 2006年06月24日(土) 20:07 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yogi0358.blog13.fc2.com/tb.php/115-473a013f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。